読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新年の年頭にあたりテーマを探していたら…。

http://www.yomiuri.co.jp/editorial/20161231-OYT1T50138.html

私のFBの「愛する日本」というページに掲載しました。読売新聞平成29年元旦付けの社説です。

またマスコミ批判になってしまいました。正月早々、違うテーマにしたかったのですが、こればかりはしょうがないです。タイトルが「反グローバリズムの拡大を防げ」

で、まず私の胸にピストルをあてた状態になっております。

中身を読むと、まあ突っ込みどころ満載であります。

冒頭から→反グローバリズム」の波が世界でうねりを増し、排他的な主張で大衆を扇動するポピュリズムが広がっている。国際社会は、結束を強め、分断の危機を乗り越えなければならない。

国際社会の敵=反グローバリズムと書かれており、私、反グローバリストはシケイ

!と言われているに等しいですね。そう言えば日本共産党の旗開きでも志位委員長が「グローバル資本主義」を批判していましたが、まさか共産党が批判したからグローバリズムを推進していきましょうなんて書いたのではありますまい。e

 

トランプが米大統領に就任しようとし、プーチンと和平を模索し、中東で、シナ共産党と折り合いをつけて…等々、誰も信用しなくなったマスコミそのものです。「同盟関係の意義を確認したい」まあこの辺は許してあげますわ。

それから「勢いを増すポピュリズム」と見出しをつけて、

市民のテロへの恐怖心をも利用して、難民や移民を拒否すれば安全や生活の安定が保てるかのように唱える。排外主義をあおポピュリズムの拡大は、人や物の自由な移動を進めるグローバリズムの最大の障壁になりつつある。

 米欧で反グローバリズムポピュリズムが伸長する背景には、リーマン・ショックを契機とした世界的な経済成長の停滞がある。

文節を跨いだことをお許し下さい。反グローバリズムポピュリズムが伸長する背景にはリーマンショックを契機とした世界的な経済成長の停滞がある?

まるであなたたちが、経済成長の停滞とは関係ないところでぬくぬくとお過ごしになっていらっしゃる言い分ですね。人や物の自由な移動をして、国境をなくしごちゃごちゃに混ぜくりかえすなんて愚の骨頂です。移動時間の短縮など、技術の発達がもたらした恩恵は存在することは認めますが、行き過ぎです。

そしてポピュリズムの蔓延を否定し、最後は→済資源を、国境を越えて効率的に活用するのが自由貿易だ。多国間での取り組みをさらに進め、新興国の活力や技術革新の成果を世界に広げることで、成長の復活を目指すしかない。それが国際政治の安定の基盤ともなろう。

と締めくくっている。

ポピュリズムを批判するならば、「読売巨人軍」を手放す覚悟はあるのでしょうか?あれこそ大衆迎合主義そのものではないですか?大して儲からなくなったですものね。それともルパート・マードック率いるFOXTVの大リーグ中継に白旗を揚げられたのでしょうか?私、正直言って生まれてこのかたずっとカープファンを自認してきました。しかし昨年、24年ぶりにカープが優勝したにもかかわらず、大リーグファンに転向させていただきました。理由は全試合に応援に行けないファンとしてテレビ中継の質が、全くなっていないからです。FOXTVの中継は選手の力量以上に差があります。

この社説を書いた方は経済のこと何も分かってない経済部出身の方ですか?

丸山さん、どうなってるんですか?読売新聞は。主筆である渡辺恒雄氏の動向も気にならないと言えば嘘になります。

東京新聞を攪乱してやろうとしておりましたが、読売新聞お前もか…です。

f:id:negtvanetie:20170106060037j:plain

f:id:negtvanetie:20170106060045j:plain

f:id:negtvanetie:20170106060045j:plain

f:id:negtvanetie:20170106060037j:plain