読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「北朝鮮による拉致被害者全国協議会・広島支部」の報告です。

さて、今日は「北朝鮮による拉致被害者全国協議会・広島支部」の広報活動があるということなので告知します。12月11日(日)14:00から広島市内福屋八丁堀本店で行います。皆さんお忙しいとは思いますが、どうかのぞいてやって下さい。

私の分身=いや本人だろ!もおりますので宜しくお願いします。

 

私が北朝鮮による拉致問題と関わった経緯

私の駆け出し記者の頃。

私は、1987年から週刊プレイボーイの記者をしておりました。最初は教育問題を主に取材しておりましたが、環境団体「グリンピース」の支援者繋がりで、ある横浜の女性弁護士に八尾恵さんのインタビューを申し込みました。1988年1月のことでした。八尾恵さんが横須賀のスナックで働いていた時、神奈川県警外事課に逮捕された事件でした。当時、私は以前に共産党幹部盗聴事件(その頃は週刊ポストに在籍しておりました)の取材で、某大手紙の横浜支局記者(司法担当)と懇意にしていた関係もあり、この事件に興味を持ちました。そして横浜のホテル「ザ・横浜」だったと記憶しておりますが、
単独独占インタビューしました。「なぜ、私が逮捕されなければいけないの」という彼女の主張、そのままに週刊プレイボーイに書きました。発売後、割り付け担当の方から、随分褒められたと記憶しております。
私もその司法担当記者から、軽く忠告を受けていたにも拘わらず、有頂天になっておりました。申し訳ありません。

八尾恵さんに関してはその後、東京地裁有本恵子さんの拉致に関係したと証言し、文藝春秋誌上で謝罪しているので詳しくは割愛します。がしかし、その後いくらでも取材執筆する機会があったし、拉致問題そのものに踏み込めていたのにジャーナリスト失格といわれても仕方ありません。その後、私は様々な問題を取材・執筆してきました。「イトマン事件」「HIVウィルスによる感染者の問題」「リクルート事件」等々、主に週刊誌の記者をやっておりましたので当然と言えばその通りです。

私の中学生時代と横田めぐみさん

さて、話は私の中学生時代の話です。1974年3月、広島市立戸坂小学校を卒業し、4月に広島市立戸坂中学校に入学しました。
当時、横田めぐみさんは1976年年7月まで隣町の市立牛田新町小学校に通われていました。まだ、直接お会いできておりませんが友人の方に伺いたいと思います。
当時の私は小学校6年生の頃ですが、地元のソフトボールのチームで補欠でした。「ジャガーズ」という名の広島市内でもそこそこ強いチームでした。練習は主に戸坂小学校のグラウンドでやっていましたが、よく太田川の河川敷で野球をして遊んでいました。今でもありますが、河川敷のゴルフ場で小さなポンポン船に乗らせてもらいながら楽しく遊んでいたものです。
今の市立東原中学校が建つ前は豚小屋があり、ぷ~んと臭ってきたなあということ思い出します。横田めぐみさんが北朝鮮に拉致されようとしているなんて、北朝鮮という国の存在さえ知りませんでした。
そして市立戸坂中学校に入学しました。ゴミ埋め立て地の後に作った新設校で、当時、運動場からガスが出て体育の授業はバスで県営グラウンドまで行ってました。そうですよね、高橋信雄先生。私の中学校時代の恩師、ジャーナリストになろうとしたきっかけは、高橋信雄先生です。先生は現在、広島県原水協代表理事にありますし、憲法9条の会の重鎮です。先日もご自宅に伺ったのですが、お留守でした。

先生は当時から、命を守るいう使命感に燃えている先生でした。野村君が夏のキャンプで不慮の転落事故で亡くなったとき、先生が狭い道を走って、三段峡の駅まで警察・医療機関に連絡していったの、今でもはっきり憶えています。
当時から「バリバリの共産党員」で授業中よく、県教組を批判しておられましたよね。なんで先生の組合を批判するんだろう?と思っていましたが、社会党系の組合を批判するのは当然ですよね。それが後に全教広島の委員長も歴任され、全国組織の役員のみならず、憲法9条の会、原水協の団体の要職につかれました。原爆のこと、憲法9条のこと、同和問題のことをみっちり扱いて教えてくれましたが、北朝鮮のことはそんなに
教わったという記憶はありません。少しは触れましたかね?しかし、恨むなんて毛頭そんな気はありません。むしろ目をかけていただいて感謝しております。それを詳しく書くのは次にしますが…。

それと数野文明君、あなたは小学校から高校は別でしたが、予備校までずっと一緒でした。現在は県立可部高校の教師をされていると、奥様から伺っております。小学生の時、近くの数甲神社で神楽を舞ったの憶えてますか?あなたは成績抜群でとくに
予備校時代、日本史は全体を通して1番か2番でしたよね。後に広島大学に進まれ研究者として活躍されていたこと誇らしく思っておりました。
それから著明な指揮者になられた山下一史君、中学からは東京の私立桐朋に行かれたので関係ないと思われるかも知れませんがそんなことないと思います。山下君のご自宅に呼ばれ、百科事典を読ませてもらい嬉しかったこと今でも憶えています。
亡くなられたお母様の髪の毛が原爆資料館に展示されていたのは当時から有名でした。
同級生の話を挙げたら切りがありません。皆さん、えらくなって…

ソフトボールを一緒にやっていた坂田俊明君、先沖悟君、お元気ですか?12月11日(日)福屋八丁堀本店横で「北朝鮮による拉致被害者救う会」広島支部の活動があります。おいでよ、年の暮れで忙しいだろうけど…広岡敬子さんも多分、今は名字が変わっておられるでしょう。(他の女性の方、フルネームで憶えておりません)そして隣の大家さんだった山田さん。たっちゃん、不肖妹の典子、あなた達は横田めぐみさんと同級生なんですよ、隣町の。アッコ姉ちゃんもバスで通ってたでしょ、太田川の河川敷を赤バスで…

ご案内の通り、12月11日(日)福屋八丁堀本店横で「救う会」のイベントがあります。どうか皆様のぞいていって下さい。できれば久しぶりって声をおかけ下されば幸いに存じます。

それから最後になって恐縮です。私がこの「救う会」の活動に参加する直接のきっかけは「日本のこころを大切にする党」代表の中山恭子先生と、評論家の西部邁先生の対談番組をYoutubeで拝見したからなんです。拉致問題に言及されて、ふと気がつきました。遅すぎるという批判を甘んじて受けます。ですがお二人には感謝しております。ありがとうございます。